どうして乾燥肌になるの?

 

乾燥肌のメカニズムについては、肌の潤いを保つ役割を担っている、天然保湿因子や皮脂膜、角質細胞間脂質などに異常が生じた状態から発生します。
角質細胞は、一定の期間が過ぎると垢となって剥がれ落ち、新しい細胞と入れ替わります。生まれ変わりの周期は一定でないとトラブルになります。
天然の保湿保湿因子も肌が生まれ変わるタイミングで作られており、短期間で肌が入れ替わってしまうと保湿成分が不足することになりますので、肌が乾いた状態になります。

 

正常な肌というものは潤っています。
潤いがないという状態はすでに異常のある状態で、角質層がはがれたり、ひび割れている状態になっています。
角質細胞間脂質が、角質細胞の間を埋めるようにして存在している状態であれば、肌は正常な状態を保つことができます。

 

乾燥肌の場合、皮脂膜も傷付き、天然保湿因子も不足し、角質細胞間脂質が少ない状態になり、角質細胞の間を埋めてくれる脂質がない状態となります。
脂質で埋められていない肌からは、水分が奪われてしまいます。

 

乾燥肌と敏感肌って?

角質細胞間脂質は生まれつき生成能力の低い方もいらっしゃいますし、間違ったスキンケアや間違った食生活でも少なくなります。
ストレスやホルモンバランスの変化など様々な要因により、肌の大切なバリア機能を傷つけている方がいらっしゃいます。
その結果として、肌は乾燥してしまいます。肌が乾燥している状態では、肌は敏感になっています。

 

ですから、肌が敏感な方と乾燥している方とでは、同じような状態になっていると考えられます。 バリア機能が傷付けられた肌は、水分の蒸発を招くだけでなく、ウイルスや化学物質などの異物の侵入を許してしまいます。
化粧品に対して刺激を感じたり、肌が痒くなったり、ニキビが出来たり、様々なトラブルの原因ともなりますし、老化も加速させてしまいます。