乾燥肌の悪循環!?

 

乾燥肌は、秋から冬にかけて肌の大きな悩みのひとつです。
秋冬の乾いた外気が原因で乾燥する人がほとんどですが、春夏秋冬、一年を通して乾燥する人もいます。
元から生まれ持っている体質や生活習慣、加齢などによって乾燥の程度は違います。
こういったことが複雑に影響し、肌の角質の細胞間脂質が減少したり、皮脂量の低下を引き起こすことによって、肌自体の水分を抱える力が弱くなってしまう状態になります。

 

細胞間脂質とは、細胞と細胞の隙間にある脂肪、つまり油のことです。
主に皮脂膜やセラミド、天然保湿因子というものからできています。
要するに肌のバリア機能です。

 

本来こういったものが肌の水分を逃さず保持していますが、冷たく乾いた空気にさらされたり、
汗をかいたり、皮膚の表面から自然に蒸発する水分などにより、肌は水分をどんどん失っていきます。
このような状態を乾燥肌と言います。

 

天然のクリーム、皮脂膜。

肌を守るバリア成分のひとつである皮脂膜ですが、減少するとそれだけ肌は直接外部刺激を受けてしまいます。
肌が乾いた状態の時は肌のバリアが乱れ、紫外線や乾燥、刺激、アレルゲンなどからの攻撃を受けやすい状態ですので、普通肌に比べると受けるダメージはさらに大きくなります。
皮脂は男性ホルモンによって分泌が促されますので、女性や子供、年配の方は皮脂量が少ない人が多いです。
さらに年齢と共に減少します。肌の血行が不良な場合も皮脂量の低下を起こします。

 

皮脂膜は、優れた天然のクリームと言われています。
脂肪分の多い食品を摂ると皮脂量が増えるということも言われますが、健康に影響が出る場合もありますので、市販または手作りの乳液やクリームを塗ることをおすすめします。
また、強いクレンジング剤などを使用することを控えます。
過剰に皮脂を落としてしまうことがあります。保湿をこまめにすることにより、乾燥肌のサイクルを断ち切りましょう。