天然保湿因子の減少原因について

 

年齢を重ねるごとに乾燥肌になってしまったという場合、天然保湿因子が減少しているのが原因になっています。
人のお肌には、もともと肌の潤いを守る成分が存在しているのですが、年齢ごとに肌から減少してしまいます。
お肌の潤いを保つ成分が減少してしまえば、肌から瑞々しさが失われ乾燥肌に悩まされることになってしまうのです
。 人によって多少の違いがあるものの、加齢が進むことによって天然保湿因子は少なくなってしまうのですが、実は他の要因によっても減少してしまうスピードが違ってきます。

 

まず顔を洗う時、肌の余分な汚れを取り除こうと、洗顔料を充分に泡立てないままこするように洗ってしまいがちですが、この方法でお肌を洗ってしまうと、余分な刺激を与えてしまいます。
肌が刺激を感じた場合、その刺激を防ぐために角質が厚くなり、肌再生がうまくいかなくなってしまいますので、天然保湿因子の再生も低下してしまうのです。
お肌を洗う時には、余分な刺激を与えないように、やさしく洗うようにしましょう。

 

こんな生活していませんか?

さらに、天然保湿因子は直接的なお手入れだけではなく、普段の生活によっても低下しすくなってきます。
常にストレスを感じる状態で暮らしている場合、そのストレスによりお肌のターンオーバーのサイクルが崩れてしまいます。
ターンオーバーがうまくいかないと、天然保湿因子もどんどん減少してしまい、乾燥肌も進んでしまいます。

 

また、睡眠時間が極端に短いという場合についても、夜の間行われている肌の再生が行われなくなってしまいますので、乾燥肌がひどくなってしまうのです。
このように乾燥肌は、普段のお手入れ方法や生活スタイルなどトータルな面で気をつけることで防ぐことができます。
肌が以前より乾燥してきたときには、これらの点を改善するように努力してみるとよいでしょう。