乾燥肌なのにニキビ???

 

ニキビというと過剰な皮脂分泌によってできるイメージがありますが、実は乾燥肌でも出来やすくなります。
それば乾燥しているという状態は、肌のバリア機能が低下している状態だからです。
肌のバリア機能が低下している上に、乾燥によって角質層が固くなり、毛穴が詰まりやすい状態になっています。
毛穴が詰まったことによってニキビができやすくなっています。

 

この場合、厄介なのは脂が過剰な肌のような形のニキビケアをしても効果は得にくいということです。
ただ洗顔を頑張っただけでは、むしろ乾燥を酷くしてしまう恐れがあります。
乾燥そのものがよくないですから、洗顔後の保湿が重要になります。
しっかり保湿をすることと、固くなった角質のケアをキチンとしてあげることが必要です。

 

大人ニキビの対処法

乾燥により肌のバリア機能が低下していますので、肌に刺激を与えるようなスキンケアは避けたほうが賢明です。
カチカチになった角質をいきなり剥ぎ落とそうと思っても上手くはいきません。
乾燥肌の方は、ゴワゴワになった古い角質を優しく取り除くケアが必要です。

 

肌を柔らかくしてくれるクリームや美容液なども上手に利用して、肌に負担をかけないように古い角質を取り除けるようにしましょう。
ペリッとはがすようなタイプのパックや刺激の強いピーリングで効果が得られるとは限りません。
パックをするのなら保湿をしっかりしてくれるようなもののほうが効果を発揮する場合もあります。
乾燥が原因となっていますので、美容液やクリームを付けることでニキビを悪化させるような心配はしないほうがよいです。
ニキビ肌用に作られている美容液やクリームなどもありますので、自分の肌に合っているものを探してみるとよいです。
乾燥肌の場合は特に短期間での改善は難しいですから、体質の改善や生活習慣の改善なども視野に入れて、根気強いケアをしてあげるとよいです。